シャワーではなく湯船に浸かる

加齢臭対策としては、身体を綺麗に洗うという事が非常に大切であり、今すぐできる対策でもあります。ですが、身体を綺麗に洗うといっても、中には湯船につからずにただシャワーを浴びるだけ、その際に身体を洗うだけという人もいます。
ですが、加齢臭の予防と対策としてはシャワーではなく湯船に浸かるということも大切なのです。「別に身体を綺麗にするならシャワーだけで十分でしょ」と思うかもしれません。確かに、シャワーだけで十分に汚れは落とせますし、身体を綺麗にするにはそれでも十分かもしれません。ですが湯船に浸かる事はいろいろなメリットがあるものなのです。
                                                                               

湯船に浸かるということは、シャワーを浴びるよりも汗を大量にかくことになります。最近は夏場でもエアコンがあるためにあまり汗をかかないという人が増えています。汗をかかないと毛穴に詰まった汚れなどが排出されにくいのです。それが溜まることでニオイの原因となってしまうことがあります。また、湯船に浸かることで、リラックス効果もありますので、1日の疲れやストレスを軽減することにも繋がるのです。また、身体がしっかり温まると、質のいい睡眠取ることにも繋がりますので、健康にもいいのです。
夏場などは暑いからといってシャワーだけで済ませてしまう方も多いようです。特に若い人は時間がない、面倒くさいという理由でシャワーだけで済ませる傾向にあります。加齢臭で悩む人はもちろんですが、身体がつかれている、ストレスがあるという方は、やはり湯船に浸かってゆっくりする事をオススメします。

コメントは受け付けていません。