ストレスを溜めない

加齢臭は身体から発せられる嫌なニオイです。身体が正常であれば、加齢臭は発生することはありません。加齢臭の予防と対策としては、ストレスを溜めないということがあります。
ストレスは身体によくないという事は誰もが知っている事ではあるのですが、実はストレスは加齢臭を悪化させる原因ともなるのです。強いストレスを感じると、活性酸素が大量に発生するようになります。この活性酸素は身体の中の脂質を過酸化脂質へと変異させてしまいます。
                                                                                   

猫11加齢臭の原因となるノネナールは皮脂腺から分泌される脂肪酸とこの過酸化脂質が結びつくことでも発生しますので、ストレスにより活性酸素が大量に発生すれば、過酸化脂質も増加することになり、従ってノネナールが大量発生イコール加齢臭がきつくなるというわけです。
そのため、加齢臭対策としては、ストレスを溜めないという事が大切です。もちろん、ストレスを溜めないようにといっても、仕事や私生活でどうしようもないストレスもあるでしょう。そのため、ストレスは溜まらないようにすることとともに発散させるというのも大切です。運動をしてストレス発散したり、好きな趣味に没頭して仕事での悩みを一時的にでも忘れることもいいかもしれません。
また、加齢臭があるということでもそれがストレスとなってしまうこともあります。そのため、何かしらの加齢臭対策を一生懸命講じることが「対策をしているからニオイが軽減されている」という安心感につながることもあります。

コメントは受け付けていません。