身体を綺麗に洗う

加齢臭の予防と対策として、最も簡単で、それでいて最も重要なのが身体を綺麗に洗うということです。加齢臭のニオイは当たり前ですが身体から発せられるものです。そのニオイの原因となるのが皮脂腺からでる脂肪酸が酸化・発酵したノネナールという物質です。分かりやすくいうと皮脂腺から出る脂肪酸が、皮膚表面に出てきて、それが空気中または皮膚表面にある常在菌と結び付くことで酸化・発酵するのです。そのため言いかえれば、皮脂腺から出る脂肪酸が酸化・発酵しなければ加齢臭の原因であるノネナールが発生しないというわけです。
                                                                               

猫10そのための予防・対策となるのがその皮膚表面を綺麗に洗っておくということなのです。身体を綺麗に洗う方法も難しい事ではありません。単に毎晩の入浴の際に、しっかりと身体の隅々まで洗えばいいのです。
もちろん、身体を綺麗にしても酸化・発酵はしますし、翌日には綺麗な状態ではなくなってしまいますから、やはり加齢臭は出てきてしまいます。ですが、全く洗わない、もしくはいい加減に洗っている状態よりははるかに加齢臭のニオイの軽減にもなるでしょう。また、身体を洗う際には、全体を綺麗に洗う事は最低限しなければいけませんが、特に加齢臭がきついといわれる耳の裏や頭皮、顔などは特に重点的に洗うように心がけましょう。また、もし出かける時にはより念入りに身体を洗うようにすれば、少なくとも数時間はニオイを抑える事ができるでしょうから、時と場合によっては夜だけでなく昼間でもしっかり洗うようにするといいでしょう。